週刊誌の宣伝広告、ゴシップ紙、電柱に貼られた宣伝広告や郵便広告などで「多重負債の

週刊誌の宣伝広告、ゴシップ紙、電柱に貼られた宣伝広告や郵便広告などで「多重負債の片付け任せなさい」「負債を一本化したくありませんか」というような売り言葉を閲覧することがよくあります。このようなものは、「整理業者」「買取専門人」「紹介人」という俗称の悪徳企業のおとり広告のケースもあるということなのです。これらを依頼した場合では自己破産申請手順の中で一番重要な免責許諾を受けられない危険も存在します。「整理人」はチラシなどで多重債務者を引きつけ、相当な料金を出させて整理をしますが結局のところ債務整理は行われず、借金者はさらに借金スパイラルに落ちる失敗がほぼ全部と言えます。「買取業者」の場合、負債者のクレジットで電気製品、電車の利用券を大量に買わせて、負債者からそれらの品を買った値段の20%や半分で受け取るという方法です。負債人はその瞬間はお金が手に入りますが、少しすればクレジット企業経由の商品価格の完全な返済請求がくることになり、実際のところ負債額を悪化させることになります。このときはクレジットカード会社への詐欺とされてしまい免責を手に入れられません。「つなぎ屋」では、著名なサラ金から断られる借金者へダイレクトな金貸しは全然せずに、提供をしてもらえる貸し手を教え、高額な経費を受け取る業種です。紹介業者は直接の経由で貸出可能となったというふうに説明しますが、本当のところは何もしていなくて、単純に規程のゆるめの店を説明しているだけなのです。この場合も結局のところ債務額をアップさせるだけです。