週刊誌のチラシ、スポーツ新聞、電柱に見られる宣伝広告やダイレクトメールなどで、「

週刊誌のチラシ、スポーツ新聞、電柱に見られる宣伝広告やダイレクトメールなどで、「多重借金の整頓任せてください」「多重負債をひとつにしたくないですか」というアピールを目に入れることがあります。

そのようなものは、「整頓人」「買取業者」「紹介屋」という通称の会社の宣伝のときがあるということです。

このようなものを利用した場合は破産申立フローの中で一番重要な免責許可を手に入れられなくなる恐れもありえます。

「整頓屋」の場合は宣伝などで多重負債者を集め依頼料を受け取って整頓を行いますが、結局のところ債務整頓は行われないまま、依頼者はさらなる債務地獄に落ちることが9割方と言えます。

「買取専門屋」とは依頼者の借金で、家電製品、新幹線のチケットを買い入れさせて負債者から買った商品を販売額の3割から40%で引き取るという方法を使っています。

債務者は一時は金銭が手に入りますが、いつかカード会社からの購入物の完全な支払いが送られてきて、本当は負債を増大させるだけです。

カード会社に対する詐欺とされてしまい免責が手に入れられなくなります。

「つなぎ屋」の場合、大口の貸金業者から借りられなくなった債務者に対し、業者として貸出は一切せずに、融資を受けられる関係無い会社を紹介して、高額な費用を請求する業種です。

紹介人は高度な努力で貸出可能となったというふうにしゃべりますが本当は何もしていなくて、選考の甘めのルートを教えているというだけです。

このときも実際は負債をアップさせるだけです。