自己破産手続きを実行したとしても公的な機関から家族に電話がかかるといった類いのこ

自己破産手続きを実行したとしても公的な機関から家族に電話がかかるといった類いのことは考えられません。という訳ですから、家庭には秘密がばれないように破産の申立てできるかもしれません。しかし実際には破産の手続きを行う時点で公的な機関から同居している親族の所得を記載した紙面や金融機関の通帳の写しなどという証明資料の届け出を要求されるようなこともありますし借入先から家族へ連絡がいくこともままありますから近親者に知れ渡らないように自己破産手続きが行うことが可能だという100%の確証は得られないと考えられるのです。不自然にわからないようにしてあとで知れ渡ってしまうよりも信用を失うようなことはせず恥を忍んで真実を打ち明けて家庭の方々皆が協力し合って自己破産というものを切り抜ける方がよいでしょう。一方、異なった場所に住む家族や親族の人が自己破産申請を実行したのが知られてしまうなどということはほとんどありえないと理解して問題ありません。妻/夫が負う責任を滅することを念頭に婚姻関係の解消を図る夫婦もいるとのことですが、実際は婚姻関係を結んだ夫婦とは言えども法的には本人が連帯保証の名義人でないということであれば民法上では支払い義務は発生しません。その一方で連帯保証人という身分を請け負っているケースならばもし離縁することを行ったとしても法的な責任は残存してしまいますと言えるため支払義務があると考えられるのです。だから、離縁することを実行しただけで返済義務の支払に対する強制力がなくなるということはないのです。また、よく貸し手が借りた人の家族や親類に支払請求を行ってしまうような場合もありますが連帯保証人または保証人ではないケースであれば子と親あるいは兄弟といった家族や親族間の返済義務などに関して借りた張本人以外の近親者に法的な支払い義務はあり得ません。実は金融会社が支払い義務と関係のない家族や親族の方を対象に支払いの請求をすることは貸金業規制法における行政府の事務基準の中で固く禁じられているため、支払いの催促の手段によりますが支払いの請求の取り決めに違うことにもなります。それを真に受ければ支払義務がないにも拘らず破産者の家族が支払いの督促を不当に受けたのであれあば、債権保持者に向け支払の督促を直ちに止めるよう警告を発する内容証明の郵便を送るのがよいでしょう。人によっては、借りた人その人が可哀想でならないからと考えて他の近親者が未返済金などの債務を代わりに返済してしまうという話もありますが借入者本人が幸運に甘えてしまい以降も多重債務の形成を引き起こすことがないとは言えません。従って債務をもつ本人ことを考慮したら血も涙もないようですが借入者本人の手で借りたお金を弁済させていくか自力での返済が非現実的であれば自己破産手続きをさせる方が借入者本人のこれからを考える上では良いとは言えないでしょうか。