私の一番の辛かった取り立てがストップさせることができた!

債務整理で一番胃の痛い経験だったローン会社からの取立てがやめさせることができた僕の話です。私は製造会社のの派遣で勤務しているのですが、1年間に入るお金が190万にしかありません。1か月当たりの僕の収入は約15万円程度なので、アパート代や水道代、ご飯代に保険料を充てて生活しているのですが、本当にカツカツの状態でしのいでいます。そういった事情で、やりくりが厳しくなる時に低金利ローンから借金をしばらく繰り返していたのです。ほんの少しでも利息負担を少なくしたかったと考えてたので、カードを作った最初の借りいれで約1か月無利息というシステムの金融関係をあちこちから私は借りていきました。毎月の収入が僅かということで、1社に対しての希望していた金額は大体10万円の範囲でとどめていたのですが、結局は、今、元本にして60万円、それまでの利息も合わせると大体100万円近い借入れ金にまで膨れたことと、月ごとのローン返済金額も40000円になり、返済し続けることが出来なくなってしまったのです。

僕が現在借りている金融業者は合計6社あります。これらの金融会社から借金の支払いの急かすのハガキや電話での請求が、入れ替わり立ち代りで入ってくるので、返せない自分自身がバカで本当にダメと認識しているもののいい加減うんざりして頭を抱えていました。その日の仕事を終えて、携帯をチェックしてみるとくらい着信履歴が届いて、そのうちにスマートフォンの料金も払うことが出来なくなりつながらなくなると、次は仕事場へ乗り込んで来るカード会社の人間もいた現れ始めました。今の状況が長く続ようなら仕事も出来なくなると思い、地域の司法書士へ事情を説明し、個人再生の対策をとることにしたのです。そして。司法書士が受忍通知をカードローン業者へ出してから、どこのカード会社からも無茶な催促を止まりのです。それまでの騒ぎがなかったかのようにプッツリと止んでのです。

それが解消され、僕は生きる希望を持つことができ、その後の返済プランや、どんな風に生活を守っていくのが良いのかを納得できるまで向き合う時をやっと持つことが出来ました。その一方で、司法書士が各カード会社ずつ任意整理の調整をしてくれて、利息を減軽して、返済額の減額の話し合いの内容を取りまとめてくださってありがたかったです。おかげさまで毎回の返済額は半額以下にダウンすることが出来て、どうにか頑張れるめどが見出せるようになり心から感謝しています。戸惑ってしまうくらい一気に生活が好転出来るんだったら、もう少し早く専門家に返済の相談に行くべき良かったと思いました。カードローン問題は、焦らず行動することでスッキリ解決出来るのです!ぜひ法律事務所や司法支援センターなどへメールしてみておすすめします。