破産申告をする人で自分のローンにあたって保証人となる人物が存在するときには、あら

破産申告をする人で自分のローンにあたって保証人となる人物が存在するときには、あらかじめ話しておいたほうがよいでしょう。もう一度、改めて言いますが負債に保証人を立てている場合は破産以前によく考えなければいけません。というのはあなたが破産手続きを出して受理されれば、保証人になっている人があなたが借りた義務をみな払う義務があるからです。だから、自己破産前に保証する人に、経緯や現状を報告しつつ謝罪の一つも述べなくてはなりません。これらのことは保証人の立場に立つと当然必要なことです。みなさんが破産の手続きをすることによりとたんに高額のローンがふりかかってくるわけです。そうなるとすれば、以降の保証人の行動の選択ルート4つあります。まず、保証人自身が「すべてを返済する」という方法です。その保証人がその数百万もの金額を苦労することなく返金できるというような現金を用意していればそうすることが可能になります。でもその場合、自分で破産せずにその保証人にお金を貸してもらって保証人に返済をしていくという選択肢もあると思われます。保証してくれる人があなた自身と良いパートナーである場合は、少しだけ完済期間を猶予してもらうこともありえます。たとえ耳をそろえて弁済できないとしても業者も相談により分割支払いに応じる場合も多いです。その保証人にも破産宣告を行われると債権が一銭も戻ってこないことが考えられるからです。保証人があなたの借金を全部まかなう財産がなければ、借金した同じようにどれかの債務整理をすることを選ばなければなりません。2つめは「任意整理」によって処理することです。この方法の場合債権者側と相談することにより、おおよそ5年弱の期間内で完済していく形を取ります。弁護士に依頼する際のかかる費用は債権1件につき4万円ほど。7社からの借金があった場合28万円かかることになります。必要な債権者側との話し合いを自分でやることもできますが、この分野の知識のない人の場合向こうがあなたにとっては不利な和解案を用意してくるので注意する必要があります。それと、任意整理してもらう場合は借金を払ってもらうことを意味するわけですから、あなたもたとえちょっとずつでもあなたの保証人に支払いをしていく必要があります。3つめですがその保証人も返済できなくなった人とともに「破産する」という選択肢です。保証人も借金した人と同じように破産を申し立てればあなたの保証人の借金も消えてしまいます。ただし、保証人である人がマンション等を所有している場合は該当する私財を失いますし、法令で資格制限のある職業についている場合影響を受けてしまいます。そのような場合は、個人再生による手続きを検討するといいでしょう。最後に4つめの方法としては、「個人再生をする」ようにします。不動産を手元に残したまま負債の整理を行う場合や、自己破産では資格制限がある業務に従事している場合に有効なのが個人再生制度による整理です。これなら自分の住宅は処分する必要はありませんし破産の場合のような職業にかかる制限資格に影響する制限が一切ありません。