破産申し立てにおける手続きにしたがうなら、申請する人はまずは申し立ての書類を申し

破産申し立てにおける手続きにしたがうなら、申請する人はまずは申し立ての書類を申し立てる人の住居地を監督する裁判所へ出すことになります。

申請人が出した申し立てが来たら裁判所は自己破産の受理をする原因が存在するか否かを調査する流れになって議論の完了後申請した人に返済不可能の状態などの自己破産承認の要件が備わっている場合、自己破産申請の許可が下されるというわけです。

とはいっても自己破産申請の許可がくだされてもそれだけでは債務が消滅したことにはならないのです。

続けて免責の決定を受ける必要性があるのです。

免責と呼ばれているのは自己破産申請の手続きの上で支払いが不可能である申請者の借入に対しては地裁でその責任を除外することです。

つまりは負債額をゼロにすることです。

免責においても破産申請の許可の審理と同じように地裁で審議がおこなわれ、診断の末免責の許可が得られたら、申し立て者は義務から自由になることになるので借金は帳消しになって、その結果ローンやカードが使用停止になることを除外すれば、破産者が受ける不利益からも逃れられることになります。

免責非承認(義務を0にさせない)の決定がされてしまうと返済責任さらに破産者が受けるデメリットは存在し続けることにならざるをえません。

破産の法律の免責は止むを得ない事情で債務を負ってしまい、苦境にある方を救助するための制度です。

したがって、資産を隠蔽して自己破産申請の準備をしたりするなど、司法に向けて嘘の証拠を届け出るなどの破産システムを不正利用しようとする者や、賭博や豪遊などの浪費で借金を負った人に対しては、個人の破産の認可受付を削除したり、免責が許されなくなります。

法律によれば、免責の認可をもらいうけることが許されない要因を上で取り上げた事例の他にもいくつも準備しており、それを免責不許可の要因と呼びます。