破産承認をもらったときにどういった失うもの・デメリットがあるかは、自己破産申立を

破産承認をもらったときにどういった失うもの・デメリットがあるかは、自己破産申立を考慮した人々にとって確実に始まりに知りたいデータだと考えます。

自己破産者の受ける損失についての内容を箇条形式にしておこうと思います。

・役場の破産者のリストに載せられます。

※公共の身分証明書を給付するための情報であるので通常の人は閲覧することができないはずですし、免責の認可がもらえれば消されます。

・官報において記録される。

※普通の新聞とは違い本屋では扱われていないですし通常の人には関連のないことだと思われます。

・公法上における資格限定。

※破産認定者になってしまうと法律家、会計士、行政書士、税理士などの資格者は資格停止になるので仕事をすることができなくなります。

・私法におけるライセンスの制限。

※後見者、遺言執行役を受け持つことが不許可になります。

また、合名の会社、合資で立ち上げた会社のワーカーと株式の企業、有限形式の会社の取締役員、監査役の人については退任要素とされてしまいます。

・カードローンやクレジット機能を使うことが認められません。

それだけでなく、破産管財人ケースの際、次の制約が存在します。

・破産者自身の財を好きに保持、廃棄することが不可能になります。

・破産管財を行う人や債権人組織の要求があると詳しい対応をする義務があります。

・認可がないと自宅の移動や長めの旅をすることは認められません。

・司法が必要と認定した際には破産者は捕まえられる場合も存在します。

・郵便物は破産管財者に届けられ破産管財を行う者は送られてきた配達品を開けてもよいことになっています。

自己破産者の困難に関連したよく間違われている事項を箇条にしてみます。

1戸籍・住民票には入力されません。

2企業は破産を根拠に退職させることはできません。

※基本的に破産者がしゃべらないかぎり雇用主に気づかれることはないです。

3投票権や被選挙の権利などの権利は剥奪されません。

4保証人でないなら、家族に支払い義務などは存在しないです。

5最小限度の生存に必須な調度品(デスクトップPC、TVを含んで)着るものなどは差し押さえないです。

自己破産人のデメリットに関する項目をリストアップしました。

破産の申請をする場合は返済義務は免除になるかもしれませんが、上記の不便性もあります。

自己破産をする上で、得も不利益しっかりと考慮した方がよいでしょう。