破産手続きをする人でその借り入れに関して保証人となる人物が存在するときには、あら

破産手続きをする人でその借り入れに関して保証人となる人物が存在するときには、あらかじめ相談をしておいたほうが無難です。もう一度、改めてお勧めしますが、保証人となる人物がいるときは、自己破産手続きの前段階に少し検討しなければなりません。というのはあなたが破産申告をして受理されると保証人となる人が返済義務をまとめて負う必要が生じるからです。ですので、破産申告の前にあなたの保証人に、経緯とか現状について説明してお詫びをしておかなくてはならないでしょう。保証人になるひとの立場で考えると当然のことです。債務者のあなたが自己破産することで、とたんに何百万円もの返済義務が生じることになるのですから。それで、そのあとの保証する立場の人の取るべき手順は4つになります。まず1つめですがあなたの保証人が「すべて弁済する」という手段です。保証人がいきなり何百万円もの借金をいともなく支払うことができるぐらいの資産を持っていれば、この方法を取ることが可能になります。

でもむしろそのまま破産手続きせずにあなたの保証人に立て替えてもらって、あなたの保証人に月々の返済するという解決策もあると思われます。もし保証人が破産を検討している人と良いパートナーである場合は、いくらかは完済期間を繰り延べてもらうこともありえます。保証人がまとめて返済ができない場合でも、業者側も分割での返済に応じてくれるかもしれません。保証人にも破産による整理を行われてしまうと貸金が一円も返ってこないことになるからです。また保証人がそのカネをすべて背負う財産がない場合は債務者とまた同じように債務の整理を選ばなければなりません。続いてが「任意整理をする」処理です。この方法の場合債権者と落としどころをつける方法でおおよそ5年弱の年月で弁済していく方法になります。この問題で弁護士に依頼するときの費用は債権者1社ごとにおよそ4万円。7社からローンがあればだいたい28万円必要です。貸した側との話し合いは自分でやることもできますが法律の知識のない方の場合相手側が自分たちに有利な提案を提示してくるので、気を付ける必要があります。それと、任意整理してもらうという場合も借金を負担してもらうことを意味するわけですから、借金をしたあなたはたとえちょっとずつでもあなたの保証人に返していくべきでしょう。

次はあなたの保証人も借金した人と同様に「破産を申し立てる」という方法です。保証人となる人も返済できなくなった人と同じように自己破産を申し立てれば保証人である人の負債もなくなります。しかしながら、保証人がもし戸建て住宅などを所有しているならば該当する個人財産を没収されますし、資格制限のある業務に従事している場合などは影響があります。そういった場合、次の個人再生を検討するといいでしょう。4つめの選択肢ですが「個人再生を利用する」ようにします。マンション等の不動産を残して負債整理をする場合や、破産申し立てでは資格に影響する職に従事している方にふさわしいのが個人再生による整理です。この手段なら、自分の家は処分が求められませんし破産申し立てのような職業にかかる制限、資格に影響する制限等は一切かかりません。