破産宣告をする人で抱えているローンにあたりその保証人がいる場合には早い段階で相談

破産宣告をする人で抱えているローンにあたりその保証人がいる場合には早い段階で相談しておいたほうが無難です。

ここにおいて、改めてお勧めしますが保証人となる人物が存在するときは破産申告以前にちょっと検討するべきです。

というのはみなさんが破産申告をしてOKが出ればその人たちがその債務をかぶる必要があるからです。

やはり、自己破産手続きの前段階に保証人である人に、これまでの現在の状況を説明しお詫びをしなくてはなりません。

そういうことはあなたの保証人の立場で考えると当たり前のことです。

借金をしたあなたが破産宣告するために急に高額のローンがふりかかるのです。

以後の保証人である人の考慮する選択ルート4つになります。

まず1つめですが、その保証人が「すべてを払う」という方法です。

その保証人がいつでも大きな債務をラクに返すことができるほどのような資産を用意していればそれができます。

しかしながら、あえて破産手続きせずに保証人自身に立て替えをお願いして、自身はその保証人に月々の返すという手順も取れるのではないでしょうか。

また保証人が良い関係にあるのであればいくらか完済期間を猶予してもらうこともできないこともないかもしれません。

たとえ耳をそろえて返すことが不可能でもローン業者も分割による支払いに応じるものです。

保証人にも破産手続き行われてしまうと、借金がまったく戻らない可能性があるからです。

その保証人が債務者のお金を代わってまかなう財力がない場合はあなたと同じように何らかの方法による負債の整理を選択が必要になります。

続いてが「任意整理をする」ことです。

この場合貸した側と話し合いを持つことにより、数年のあいだで返済していく方法です。

弁護士などに依頼するときのかかる費用は債権者1社ごとにだいたい4万円。

7社からの借金がある場合約28万円必要になります。

当然貸金業者との交渉は自分でチャレンジすることもできないことはないですが債務処理に関する経験も知識もない人だと向こう側が自分たちに有利な和解案を用意してくるので、注意が必要です。

くわえて、任意整理してもらう場合は保証人である人にお金を立て替えさせることになるわけですから、借金をしたあなたは長くかかるとしてもその人に支払っていく必要があるでしょう。

さらに3つめは保証人も返せなくなった人といっしょに「破産する」という選択です。

保証人となる人も借金した人と同様に破産宣告すれば保証人の借金も消えてしまいます。

ただ、あなたの保証人が不動産などを所有している場合は所有するものを失いますし、資格制限がある職についている場合影響が出てしまいます。

次の個人再生を活用できます。

一番最後に4つめの選択肢ですが「個人再生という制度を使う」ようにします。

マンション等の不動産を残したまま整理を行う場合や破産申し立てでは資格制限に触れる職についている方にメリットのあるのが個人再生制度による整理です。

これなら自宅は処分する必要はありませんし破産手続きの場合のような職種にかかる制限、資格に影響を与える制限が何もありません。