特定調停による方法も任意整理による手続きと同じように、それらの貸方へ支払いを続け

特定調停による方法も任意整理による手続きと同じように、それらの貸方へ支払いを続けることを前置きとした借金を整理していく手順のことです。          
わかりやすくいうならば裁判所がやる借金整理となります。          

この特定調停という方法も任意整理と同じように破産とは異なり一部分のお金のみを処理することになるので他の連帯保証人がいる負債額を除いて検討していく際や自動車ローン以外だけを手続きしたい際などにおいてでも使用することも可能になりますし、全ての財産を処分してしまう必要がないため、マイカーや有価証券個人資産を保有していて、手放したくない状況でも有用な借金整理の方法といえます。          

ただ、後々の返済に必要となる額と所得を比較検討して適切に返済が見通せるようならこの特定調停による手続きで進めることは問題ありませんが破産手続きと違って借金自体がなくなってしまうのではありませんので、借入金の合計がかなりになる場合には、実際問題としてこの方法を取るのは困難だと判断することになるでしょう。          

それから、特定調停は公の機関が介入することになりますので弁護士等に依頼しなくても不利になる心配がないという点とか手続きにおいてのお金を圧縮できるというポイントは注目できますが貸方からのわずらわしい取り立てに対し自分で処理しなくてはいけない点とか、管轄の裁判所に何度か行く手間がかかる等の注意点もあります。
          
それから、任意整理と比較すると、同意が得られない場合は利子を全部付けた形で払っていく必要があることやあとから見れば債権者へ払っていく額が任意による整理と比べて割が合わないことがあるというような点もあります。