特定調停という手段も任意整理による処理と同じく各貸し手へ返済を続けていくことを前

特定調停という手段も任意整理による処理と同じく各貸し手へ返済を続けていくことを前もって決めた借金を整理する方法となります。わかりやすくいうなら裁判所における債務の整理といえるでしょう。任意整理による解決と同じように、破産宣告と違い一定の負債のみを整理していくことができるため他に保証人が関与している契約以外だけで手続きしていく場合や自動車ローンを除き整理する場合等においても検討することもできますし築き上げてきた資産を放棄してしまう必要がないので、貴金属や有価証券個人資産を所有しているものの、放棄してしまいたくない場合においても有用な債務整理の手続きといえます。

ただし、手続き後の返済金額と実際として可能な所得額を比較し妥当な範囲で返済の計画が立つようである場合はこの特定調停による手続きを進めることは可能ですが破産とは違い返済義務がなくなるのではありませんのでお金の額がかなりある状況では残念ながらこの手続きを踏むのは困難になるということになります。あと、特定調停は公の機関が中に入るので専門家にゆだねなくても立場が弱くなってしまうようなことにはならないことや、処理のための費用を節約できるというメリットはありますが貸方からのわずらわしい取り立てに対し本人が処理しなくてはいけないことに加え、裁判所に何度か出頭する手間を要するなどの注意が必要な点もあります。

くわえて、任意整理による解決と比べてのことですがこの方法により解決が得られないような際は金利をそのままの形で払っていかないといけないことや最終的に貸方に返済していくお金が任意整理による解決の場合と比較して割増しになる場合が多いなどの留意点もあります。