特定調停という手段も任意による整理と変わりなく、各債権者へ借金の返済を行っていく

特定調停という手段も任意による整理と変わりなく、各債権者へ借金の返済を行っていくことを前もって決めた借金整理の方法です。

わかりやすくいうと裁判所がやる任意整理と考えればいいでしょう。

この特定調停という方法も任意整理による手続きと似ていますが、自己破産手続きとは異なり一定の負債のみをまとめることができるため連帯保証人が関与している契約を除き手続きしたい際や住宅ローン以外だけを処理する場合等においても申請することが可能ですし全ての資産を放棄する必要がないので、自動車やマンションなどの自分名義の資産を所有していて放棄したくない場合にも活用可能な借金整理の方法です。

手続き後の返済額と実際として可能な給与等の収入を比較検討しておおむね返済の計画が立つようであればこの特定調停による手続きで進めることは可能ですが破産手続きと異なり返済義務自体がなくなってしまうというわけではありませんので負債の合計が巨額な状況では現実問題として手続きを踏むのは困難であるということになります。

あと、司法機関が間に入ってくるので司法書士等にゆだねなくても不利になるようなことはないという点や、諸経費を減らせるという利点はあるのですが貸し手の催促に対して債務者本人が対応していく必要があることとか、所定の裁判所にことあるたびに出頭することが求められるといった覚えておきたい点もあります。

それから、任意整理による手続きと比べるとこの方法で同意が得られないといった場合は利子を全部付けた計算で支払っていかないといけないことや結果的には債権を持つものへ支払っていく総額が任意による整理の場合よりも増えることが多いといった覚えておきたい点もあります。