民事再生による整理は住宅のローンを含めて複数の債務に苦しんでいる個人をターゲットとして、マンションを維持しつつ経済面で再建するための法的な機関による債務整理の手順として2000年11月に利用できるようになった解決方法です。

民事再生による整理は住宅のローンを含めて複数の債務に苦しんでいる個人をターゲットとして、マンションを維持しつつ経済面で再建するための法的な機関による債務整理の手順として2000年11月に利用できるようになった解決方法です。

民事再生は、破産とは異なり免責不許可となる要件がありませんので散財などで借金がふくらんだような場合においても申請は問題ないですし、破産手続きをすると業務ができなくなってしまうような免許で仕事をされているような方でも制度の活用ができます。

自己破産では住んでいるマンションを保有したままにすることは不可能ですし特定調停等では借金の元金は完済していくことが要求されますので、住宅ローン等も支払いながら支払い続けるのは現実問題として簡単ではないでしょう。

ただ、民事再生による処理を選択することができれば、住宅のローン以外での借入金は相当な圧縮することが可能ですので余裕を持ちつつ住宅ローン等を払い続けながらそのほかの債務を払っていくことも可能というわけです。

ただし、民事再生による整理は任意整理による手続きまたは特定調停といった手続きとは異なってある部分だけの負債だけを除いて手続きすることは無理ですし、自己破産の場合のように負債そのものが帳消しになるのではありません。

それから、別の手続きに比べ処理が複雑で負担もかかりますので住宅ローンなどを持っていて住宅を維持したい時など以外の自己破産などのそれ以外の選択肢がない際のあまり優先したくない手段と判断しておくのがいいでしょう。