民事再生という方法は住宅ローンを含めて多重債務の問題に苦しむひとをターゲットとし

民事再生という方法は住宅ローンを含めて多重債務の問題に苦しむひとをターゲットとして住居を維持したままで金銭管理においてやり直すための法的機関を通した債務整理の方法として平成12年11月に適用されるようになった解決策です。

民事再生には、破産みたいに免責不許可となる条件がなく、賭博などで債務が増えたような場合もできますし、破産をすることで業務が行えなくなってしまうような立場で給与を得ている人でも制度の活用が行えます。

破産の場合だと、マイホームを手放さないことは許されませんし、その他の債務処理では、借金した元金は払っていくことが要求されますので住宅ローンもある一方で完済するのは実際問題として難しくなるでしょう。

民事再生による手続きを選ぶことができれば、マンション等のローン以外での借金は多くのものを減らすことが可能ですので、ある程度余裕に住宅のためのローンを返済しつつ残りのローンを払い続けることも可能ということです。

ただし、民事再生という手段は任意整理による手続きまたは特定調停とは違いある部分のみの借金だけを切り取って処理していくことは不可能ですし、破産申告の際のように返済義務それそのもの消えるのではありません。

それから、他の選択肢と比較して手続きが複雑で時間が必要ですので住宅ローン等があり住んでいる家を維持したいような場合等を除いて、破産等のそれ以外の整理ができない際の限定的な手段と見ておいた方がいいでしょう。