民事再生という手段は住宅ローン等もある複数の債務に苦しんでいる債務者を対象とした

民事再生という手段は住宅ローン等もある複数の債務に苦しんでいる債務者を対象とした、住居を維持したまま金銭面で再建するための法による処理方法として2000年11月に利用できるようになった法律です。

民事再生は、破産と違って免責不許可となる要素がなく、競馬などで借金がふくらんだ場合でもこの手続きは問題ないですし、破産宣告をすることで業務が不可能になる危険のある立場で仕事をしている場合等でも手続きはできます。

破産の場合は、住んでいる家を対象外にすることは許されませんし、特定調停と任意整理では、借金の元金は返済していかなくてはなりませんのでマンション等のローンを含め払っていくことは現実として困難だと思われます。

しかし、民事再生という処理を取ることができれば、住宅ローンを除く借金は負債を減ずることができますので十分に住宅ローン等を払いながら残りのローンを払っていくことも可能ということです。  しかし、民事再生は任意整理による処理特定調停といった処理とは異なりある部分だけの借金を除外扱いして処理を行うことは許されていませんし、破産に適用されるように返済義務それ自体なくなるのでもありません。  それに、それ以外の解決方法と比較して手続きの手順が簡単ではなく時間が必要ですので、住宅ローンなどがあり住居を維持する必要があるような時以外において自己破産等他の選択肢がない場合だけの方法と判断しておくのがいいでしょう。