新聞の宣伝、ゴシップ新聞、街中にある広告やダイレクトメールで、「負債の合理化任せ

新聞の宣伝、ゴシップ新聞、街中にある広告やダイレクトメールで、「負債の合理化任せてください」「多重借金をひとつにしませんか」という売り言葉を見かけることがあります。

こういうのは、「整理屋」「買取屋」「つなぎ屋」と呼ばれている悪徳会社の嘘広告のケースがあるということなのです。

これらを使用した場合には自己破産プロセスの中で一番大切な免責許可を受けられない可能性が存在します。

「整理人」の場合、負債者を引き寄せ、相当な料金を要求して整理を行いますが、結局は借金整頓は行われないまま、当人はより一層の借金地獄に落ちる失敗がほとんどになります。

「買取屋」は債務人のクレジットカードで電化製品、飛行機のチケットなどを山ほど買い入れさせて、債務人から買った品目を定価の2割もしくは半額で購入するというやり方をとっています。

債務者はお金が増えますが、いずれクレジット業者からの購入物の定価の支払い要求がくることになり、実際は債務を上乗せする結末になります。

このケースではカード会社に対しての詐欺とされてしまい免責が手に入れられなくなります。

「紹介者」ではサラ金から拒絶された負債人に関してダイレクトな提供はせずに、融資を可能である会社を呼んで、高いサービス料を要求する業種です。

紹介屋は高度なつなぎでお金を貸し出ししてもらったかのようにしゃべりますが実際は何もしておらずただ単に調査の甘いサービスを分かっているだけなのです。

この場合も結局のところ債務額をアップさせることとなります。