危険な債務整理屋とは

雑誌の折込広告、スポーツ紙、繁華街に見かける宣伝広告やDMで「債務の片付けします」「多重負債を統合しましょう」というような宣伝を見ることがあります。

それらは、「整理屋」「買取専門屋」「紹介業者」という通称の悪徳企業のだまし広告のときがあるということです。申し込んだ場合には自己破産申請フローの中で免責決定を手に入れられなくなる恐れがあります。

「整理人」とは宣伝などで負債者をおびきよせ法外な代金を取り整頓をやりますが、結局のところ債務整理はなされず、債務者はより債務地獄に陥ることが大方と言えます。

「買取業」の場合、当人の分割払いで家電、新幹線の利用券をたくさん買わせて、借金者からそれらの物品を定価の1割もしくは半値で買取るというやり口が知られています。依頼者は一時は現金が手に入りますがいつかクレジット業者からの購入物の督促が送られて来ることになり、結局のところ債務額を上乗せする結果となります。このケースではクレジットカード業者に対する詐欺に当たるということになり免責許諾を受けられなくなります。

「つなぎ業者」というのはサラ金から拒絶された債務人に対して、ダイレクトな金貸しはしないでおいて、資金提供を受けられる別な会社を知らせて、すさまじい経費を受け取る会社です。

紹介屋は手の込んだ苦労で貸出できたというふうに報告債務整理 札幌 費用しますが、特に何もせず、規程の甘めの会社を説明しているだけなのです。実際は負債を悪化させる結末となります。