前置きとして、自己破産を手続きするまで返済者当事者に対する電話による借金徴収と返

前置きとして、自己破産を手続きするまで返済者当事者に対する電話による借金徴収と返済者本人の家宅への訪問での返済要求は違法とはいえないということになっています。とりわけ、自己破産申請の事務手続きに入ってから時間があった際には債権保有人は回収を行う可能性が高くなります。債権保持者サイドとしては負債の清算もせずにさらに自己破産のような法律の処理もなされないといった状況だと団体内で完了処理をすることが不可能になるからです。

その上、債権保持者の一部には法律家に連絡していないと気づくと、非常に強硬な集金行為を繰り返してくる人も出てきています。司法書士の方や弁護士事務所にアドバイスを求めた場合は、それぞれの債権保有者は当人に対する直接徴集を続行することが許されません。相談を理解した司法書士または弁護士の方は依頼を受けたと記載した通達を各取り立て会社に送付することになり各取り立て業者が手にとった時点から被害者は取立人による強行な返済請求から自由になるということになります。なお、取立人が職場や本籍地へ行く取り立ては条項で認められていません。

金貸しとして登録してある業者ならば勤め先や本籍地へ行っての徴集は貸金に関する法律に反するのを把握しているので、法に反していると伝えればそのような取り立てをし続けることはないと言っていいでしょう。自己破産に関しての手続き後は申請者に対する取り立てを含め、例外なしに返済請求行為は不許可になります。よって、債権者からの支払い要求が完全になしになることになります。とはいえまれに違法と知っていて訪問してくる取り立て業者もゼロとは断言できません。貸金業の登録済みの企業であれば、破産に関する手続きの後の収金が借金に関する法律のガイドに抵触するのを知っているので、違法だと伝えてしまえば、そういった集金を続行することはないと思います。といっても、ブラック金融と言われている取り立て業者については予測外で、危険な返済要求などが原因の被害事例が無くならないのが現状です。ブラック金融が取立人の中にいそうなケースでは必ず弁護士法人および司法書士グループなどの専門者に相談するといいと考えます。