借入金が返済不能なったところに給料が差押さえられて大変でした!!

わたしは現在札幌で派遣スタッフとして働いていますが、月給はたいしてもらえる訳ではありません。派遣社員なので賞与はないのですが、障害を抱えている弟の面倒をみたりいることもあって、支出は普通の家庭と比べれば多いしまうのですがこればかりは仕方ありません。なるべくお金になりそうな 収入が見込めそうな会社を探してはいても、今受け取っている給料のままではとうてい足りなくて悩んでいたこともあり、カードローンの借入額も増えていきました。

返済がとうとう数ヶ月の間払えなくなっていたところに、いきなり、派遣会社の人から僕の給与が差押られたと電話が入ったのです。担当者の詳しく説明を聞くと、キャッシング会社が差し押さえを行ってしまったため、僕に月給は支給することはできず、供託されるをなりますと説明されました。お給料がもらう事ができないという失望感もありですが、自分が作った借金が返せない現実をお世話になっている派遣会社にも知られることになったのにもさらにショックで言葉に詰まりました。

見かねた派遣会社の担当者がこういう事ならとアドバイスしてくれ、弁護士事務所にこの状況を相談して来いと教えてくれたのです。自分もブログなどで検索した後に連絡したのですが、専門機関で紹介していただいた弁護士は借金問題を専門している事務所の方でした。話を聞いてもらった弁護士にこの状況を相談してみたところ、任意整理の手続きをすれば大幅に借金を減らせると提案受けました。今現在の資産状況から破産することを裁判所へ申請して、同時廃止を行えば、それまで続いていた差し押さえがすべて解除されて、負債についてのからも抜け出せることができ、新しい気持ちで生活を再スタートができるとのことでした。ぼくの職業は自己破産が決まる間の働くことが出来ない仕事ではありませんのと、契約している人材派遣会社にも給料が差し押さえられていると電話があった段階で返済のことで困っているのはわかっているので、わたしは自己破産の諸々の手続きを弁護士さんに依頼しました。競馬などで散財している訳ではないと伝えたので、想像よりも早めに自己破産が認められました。半年を過ぎても破産申請に時間のかかる人もいるということと伺ったのですが、弁護士事務所の尽力もあり、2か月半くらいで申請の決定がくだりました。

毎月の支払いに悩むことがなくなり、普段通りの生活や月給はそのままを維持出来るので、新たな気持ちで再始動できます。当面、キャッシングローンを借りたりは出来ないのですが、逆に、キャッシングカードでできない状態も0ました。こんなことならもっと早く任意整理の相談を法律事務所を話すればよかったと反省しています。