任意整理という言葉は債務整理というようにも呼んでいておのおののお金の貸し手に対し

任意整理という言葉は債務整理というようにも呼んでいておのおののお金の貸し手に対し借金の支払いを続けていくことを選択した借金整理の選択肢なのです。    その手続きとしては、司法書士有資格者もしくは債務処理経験のある弁護士債権を有する者と債務者の仲介役として相談し法律に照らして利息の再適用をもとに借りているお金の元金の利子を削減する方法によって36か月くらいの期日で返済する借金整理計画です。    この場合はいわゆる裁判所のような国家機関が口出しすることはないのでそのほかの処理と比較しても利用した際のデメリットが小さく方策自体も借金をしている人にとって最も圧力になることがないので最初に選択していただきたい手順だといえます。    

それから、貸方がヤミ金業者のような大変高額な利子の場合、利息制限法で決まっている利息に加えて返した金利分についてはその元金に適用すると考えて借金の元金それそのものをカットすることだって可能です。    

なので、ヤミ金などの高い利息を取るところへある程度長い期間返してきた例では一定の額を減額できるようなこともありますし10年くらい返済してきた例では借金自体が消化されてしまう可能性もあります。    

借金の整理の有利な点ですが自己破産手続きと違い一定のお金だけを整理することになるので他の保証人が関連する借入以外だけを整理をする場合やクルマのローンを除いて検討したい際などにおいても用いることが可能になりますし築き上げてきた財産を処分してしまう必要がないため、自動車やマンションなどの個人資産を保有していて放棄してしまいたくない状況においても活用可能な債務整理の方法になります。    

しかし、手順を踏んでからの返済額と実際に可能な所得額をかんがみて、おおむね返済の目処が立てられるのであればこの手順による処理を進めることは問題ありませんが自己破産手続きと違って借金自体がなくなるということではないため負債の合計が巨額なような場合は任意での整理の方法を取るのは困難であるということがいえるでしょう。