マイホームは強制執行されてしまいます

自己破産を実行するにあたっては特定の未返済金を度外視した申し入れはできませんので、住宅ローン・連帯保証人の存在する借金を外した破産の申請は不可能です。

ローンがある段階で手続きを実行したらマイホームは強制執行されてしまいます故住宅ローンを払いつつ(自宅を住居としながら)借りたお金を弁済していきたいと希望する場合には民事再生の手続きを考えることになるでしょう。

あるいは親族などの連帯保証人が付いている借入金が残存している時には借入者が自己破産の申請をしてしまうと、連帯保証人に対して直に返済の請求が送付されてしまうのです。

さらには所有している財貨(不動産、乗用車、証券または災害保険など)などは例外無く没収対象になってしまう故、絶対に持っていたい財産が残っている場合や、自己破産というものをすると営業が出来なくなる専門的資格で仕事をされている方の場合、異なる種類の借金返済の方法(任意整理、特定調停の申し立てといった手続き)を検討しなければなりません。

また賭け又は無駄な支出などが原因で返済義務のある負債がある場合だと一番欲しい免責(未返済金などの債務をなかったことにする)が認定されないことがないとは言えませんので別の借金返済の方法(特定調停、任意整理あるいは民事再生による借金の圧縮)も候補に入れて検討していく方が望ましい結果が得られることもあります。